入浴法にこだわってみよう

日本式の入浴法でリラックス

最近は忙しい方の中には湯船に浸からずにシャワーだけで入浴を済ませてしまう方も多いといわれています。
確かに今は浴室暖房なども普及し、湯船に浸からなくても寒くない事もありますし、体を清潔にし爽快感を得るだけならシャワーで事足りるといえるでしょう。
しかし、たっぷり湯を張った湯船にゆったり浸かったときの最高のリラクゼーション効果は望む事はできません。忙しくて自律神経が乱れやすいときほど、ゆっくりとお風呂に入る時間を捻出する事が大切です。

 

お湯の温度に気をつけよう

肩までつかる日本式の入浴法は温熱効果によって末梢血管が拡張して血行がよくなるというメリットがあります。血行がよくなることで体内への酸素や栄養の循環がよくなります。そのために代謝も活発になり疲労物質や老廃物が除去されやすくなります。疲労回復以外にも美肌に大きく影響しているといえるでしょう。
そして入浴のときに気をつけたいのがお湯の温度です。42度以上の高温では交感神経が刺激され、リラックスするというより体がシャキッと目覚めてしまいますので、一日の終わりのためのリラクゼーションが目的の入浴なら35〜38度のぬるま湯にのんびりと浸かるようにしましょう。ぬるま湯には副交感神経の働きをよくする効果があります。副交感神経の働きが高まるとアセチルコリンという心と体をリラックスさせる作用を持ったホルモンが分泌され、疲れを癒す効果が高まります。
全身くまなく温まる目安はぬるま湯ならば20分以上になりますので、ゆっくりじっくり浸かるようにしましょう。ただし、長時間肩までお湯に使っていると心臓に負担がかかりますので、体力に不安がある方は半身浴がオススメです。

 

シャワーのマイナスイオン効果を活用しよう

シャワーを出したり、湯船にお湯を注いでいるときにマイナスイオンが発生する事がわかっています。現代の生活はマイナスイオンが不足しているため自律神経が乱れ、ストレスに弱くなっている人が多いといわれています。
マイナスイオンには精神を穏やかにする作用があり、本来は森林や渓流、滝の近くに多いとされています。皆さんもそういった場所だと心が安らぐと感じた事はないでしょうか。
バスルームでは自然のものには及びませんが、シャワーによるマイナスイオン効果だってストレス解消には有効です。水道料金に気をつける必要はありますがうまく活用しましょう。

 

入浴剤でさらなるリラクゼーション効果を

お風呂の楽しみの一つに入浴剤があります。さまざまな色や香りが楽しめますしそれぞれ違った効能があるので気分で使い分けるのもいいでしょう。入浴剤には色々な種類がありますがどのような系統があるか紹介しますので参考にしてみてください。

 

無機塩類系

温泉名を冠した入浴剤に多いタイプです。塩類が皮膚表面のたんぱく質と結合する事で膜を作ってくれるので熱が逃げるのを防いでくれますので湯冷めを防ぐ効果が期待できます。

 

炭酸ガス系

炭酸ガスの血管拡張作用によって血行がよくなります。血行がよくなるために新陳代謝が高まり疲労回復や痛みの緩和に効果を発揮するタイプです。

 

薬用植物系

生薬やハーブを使用しているタイプです。使用されている生薬やハーブの種類によって効能は様々ですが、血行促進や湯冷め防止効果以外にも香りによるアロマテラピーの効果に期待できます。

 

酵素系

たんぱく質分解酵素などの配合により皮膚表面の落ちにくい汚れを落としやすくしてくれます。

 

ミルク系

保湿効果が高く、肌をなめらかにする、スキンケアを重点的に考えられたタイプです。

 

いかがでしょうか。一口に入浴剤といってもその成分によって様々なタイプや効果があるというのはは意外ではなかったでしょうか。
大人ニキビケアのためのリラクゼーション効果を目的とするならば、アロマテラピー効果まで期待できる薬用植物系か、血管拡張によって疲労回復降下のある炭酸ガス系をおすすめしたいと思います。